医師によってもたらされる安心感

医師には色んな性格の方がいます。
人間ですからそれは当たり前です。
以前、私の夫が入院したことがありました。
入院したものの、原因不明の病気で、毎日毎日検査の日々でした。
夫は、早く仕事復帰しなければいけないのに、検査ばかりで治療に入れないこと、何の病気か分からないのに、確実に身体に異変は起きていることから、入院中はナーバスになっていました。
そんなとき、医師が発する言葉というものは、夫の気持ちを高めてくれることが多かったです。
夫の担当になった方は、病気のことばかりではなく、子どもの話をしたり、一緒に頑張っていきましょうと励ましてくれたり、とても親身になってくれました。
私達家族に対しても、毎週欠かさず時間を取って今の夫の治療の段階について説明してくれました。
仕事として、当たり前なのかもしれませんが、専門的な意見や、その人の発言には、私も夫も安心感を与えられました。
患者に安心感を与えられる人がプロの医師だと思います。

医師になるにはどうすればよいのか

医師になるには、国家試験に合格し、二年間の臨床研修を行う必要があります。臨床研修を受けるためには国家資格が必要であり、国家資格を受験するためには、医学部を卒業する必要があるのです。そのため最初は医学部を受験するところから始まります。
医学部は他の学部とは違い、四年生ではなく六年制です。難関な入試を突破し、そして六年間学部生として勉強を行うことになります。
この医学部生としての勉強は、全ての分野の医学について、一通り勉強を行うことになります。そしてその中からある程度のどの分野の医者になるのか、ということを決め、そして専攻を決めることになるのです。しかし例え特定分野の専攻をしていたとしても、その分野に関係の無い医師になることは可能なのです。これは学部時代に専攻した分野で診療科を決めるのではなく、進む診療科は臨床研修後に決めることになるからです。学部を卒業したのならば、国家試験を受けることになります。そして国家試験に合格したのならば、いよいよ臨床研修を受けることになるのです。臨床研修は二年間を行うことになり、このときに自分がなりたい診療科を決めることになります。
臨床研修中には、内科や小児科、精神科などさまざまな診療科で研修を行うことになります。
ひとつだけに集中するのではなく、たくさんの診療科の経験を積むことになります。そして二年間の研修が終わったのならば、医師として働くことが可能になるのです。

recommend

ディーゼルのアイテム(メンズ)
http://www.rutty.co.jp/
奄美きょら島でダイビング
http://kyorajima.com/
サルエルパンツ 通販
http://sanookmark-ethnic.jp.net/
スワロフスキーやラインストーンの激安通販
http://blinkieee.ocnk.net/
バッグ・靴クリーニングの革色良工店
http://www.kawairo.com/

2014/12/16 更新